癌を考える|健康食品、フコイダン、etc、重要なサプリは心

AEDを含めた救命処置の重要性

 

 

AEDを含めた救命処置の重要性

 

もし、目の前にいる人が倒れたり、第一発見者になった場合、救命処置ができますか?
スグに救命処置ができるかどうかで、救命できるかどうか、また後遺症が残るかどうか、社会に復帰できるかどうか、人生を大きく左右するかもしれません。

 

2014年のデータによると、電話をしてから救急車が現場に到着するまでの時間は約8分半との事。
この救命処置は、早ければ早い程効果的で、8分半何もしなかった場合と救命処置をした場合、確率的な数字でも大きな差で救命処置をした方が良い結果となっています。

 

ですがその場に居合わせ救命処置をしようとしても、イザとなれば焦りもあり、講習等を受けて居なければ具体的な方法も曖昧で、イメージでしかなく、的確な処置は難しい事でしょう。
イザとなる前に、心配肺蘇生法(救命処置)を見つけて置く事が大事かと思います。

 

次は、心肺蘇生法について紹介します。

関連ページ

AEDと心肺蘇生法!同じ呼吸でもいびきは厄介だが心肺蘇生は大切
癌の治療と言えば手術や抗がん剤等の薬物療法、放射線、今ではサプリメントP53誘導体dbグルコース含有フコイダン等まで様々です。癌の病は心の病、ケアも同様に重要な事。癌を考え様々の声を紹介。