自分の将来に対する希望を探す 癌を考える|健康食品、フコイダン、etc、重要なサプリは心

自分の将来に対する希望を探す

自分の将来に対する希望を探す

 

がんと言えばやはり不治の病というイメージが強いです

 

がんを含む悪性新生物は常に死亡原因の上位に入っています。
やはり一回がんと診断されるとその人の人生は絶望に変わると思います。
中でも肺や消化器系のがんは転移する可能性も高く、患者本人だけではなく、家族も巻き込んだ非常に深刻な病気だと思います。
また精神的なストレスだけではなく、金銭的な負担も大きくのしかかります。
特に最先端医療は保険料も高く、簡単に払えうことができないような請求が来ます。
裕福な家庭は別にして、だいたいの家庭にとってはこのような保険料や医療費を払うことは非常に負荷が大きく、家計は火の車になるという印象です。

 

実際に私の家系は癌家系で、多くの身内はがんにかかっています。
3年前に祖母が大腸がんを発症し、入院しました。
幸い早期でしたので、大事には至らず、3週間程度で退院できました。
手術に関しても内視鏡を使った非常にシンプルなものでした。
しかし、はじめの頃がんと診断されたあと、祖母と私の母はかなり心配し、もう死ぬんじゃないかと思っていました。
祖母とは離れて暮らしていましたが、診断後は毎週のように母は実家に戻り、可能な限り祖母をサポートしていました。
退院後は祖母は元の生活を送れていますが、やはり、入院前と比べると活動量が落ち、無理のきかない体になっています。
私自身もできる限り祖母と過ごせる時間を作るように心がけています。
一緒に買い物に付き合ったり、食事を共にとったりなど、できる限りのことはサポートしようと努めています。
なんといってもがんの再発率は高く、次も同じような癌にむしばまれたら、今度こそは一大事につながると思い、できる限り孝行する必要があると思っています。

 

前述しましたが、がんはやはり、患者本人と家族に対して

 

心身的な負担が大きいと

 

思います。
しかし、私の祖母のように早期にがんが発見されれば、快方に向かう可能性は高いように感じます。
もちろん精神的な絶望と、高額な医療費で今後のことを考える余裕はないかと思いまが、実際に医療も発達し、全快する可能性も年々高くなっています。
また、各中核病院にはがんセンターのようなものも設備されており、他のがん患者さんやその家族とも情報交換や話をする機会がたくさんあります。
ぜひそのような方々と話す機会を作って、自分の将来に対する希望や、治療以外に自分が今できることを探してみるとよいかもしれません。
気持ちに余裕ができると、ほかのことにトライしようとする意欲がわいてきます。