受け入れることの難しさと大切さ 癌を考える|健康食品、フコイダン、etc、重要なサプリは心

受け入れることの難しさと大切さ

受け入れることの難しさと大切さ

 

いつ誰がなってもおかしくない病気ではあるものの漠然としたイメージ

 

コマーシャルや身の回りでも耳にする病気のナンバーワンだと思います。
健康に気を使っている人でも病院に行ってみると癌だった、何となく具合が悪いけど年齢のせいだろうと思っていたら癌だった、など癌になったと聞くと驚いてしまうような人でもなっていることが多いです。
早期発見で助かる確率は上がるとはいえ、定期検診以外で発見する方法も知らないし、ついつい自分には関係ないと思いがちです。
身の周りで癌になったと聞くようになって初めて意識するようになりました。

 

受け入れることの難しさと大切さ

 

身近な人が癌だとわかりしかも余命を宣告されたら、最初はただただ悲しさで何も考えられないと思います。
今まで元気に過ごしていた毎日が急に寂しく思えてくるし、どうしてあの人が…と思わずにいられません。
しかし、本人に代わることはできないのでやっぱりサポートで前向きな時間を過ごせるようにすることが一番だと思います。
大したことがなければそれにこしたことはありません。
しかし、治療を続けるにつれて転移や手術などの言葉が出てくると、その度にドキッとするに違いありません。
でも、一番不安なのは本人です。
私たちは何がどうなろうと「大丈夫大丈夫」「心配ないよ」と励まし続けるのが一番です。
抗がん剤の副作用や癌自体の痛みでたくさん苦しむ時間があるので、少しでも安心してもらえるように・笑顔でいてもらえるようにサポートする側が笑っていないといけないと思います。
マイナスな考えは表情や空気になって伝わってしまうと思うので、癌との闘いを頑張れるような環境を作ってほしいと思います。
もし自分が癌になったとしてもそう思います。

 

”この思いは私にしかわからない”のだろうけれど

 

今まさに闘っている人がたくさんたくさんいるのだと思うと、本当に身近な病気なのだと改めて思います。
風邪などと違って、簡単に共感できることではないので治療のつらさや痛みを本当にわかることは中々難しいです。
でも心配して連絡をくれたり、駆けつけてくれたりする人の存在や、身の回りのお世話をしてくれる家族などがいることを忘れないでほしいです。
その人たちは代われるものなら代わりたいと思っているだろうし、楽しい時間のためにできることを探しているし、治ると心から思っているはずです。
だから治療が終わったらしたいことを話したり、してほしいことや辛いことを伝えたり、たくさん頼ってもらえたらきっと嬉しいと思います。
口に出すことで気持ちも楽になったり前向きになったりすればいいなと思います。
一人で苦しむことはしないでほしいなと思います。